mielikkiのあたまんなか

毎日楽しく暮らしたいのぉ。。。そんなことばかり考えているmielikkiのあたまの中をチョロリとご覧ください♪

どうぶつの森

木をゆすり 魚を釣って 虫をつかまえる わたしのポケットの中は、 虫やらりんごやらホタテ貝などで、 グッチャグチャ…。 住まいを快適にするために借金をくりかし、 住民の願いを叶えるために、 野を超え山を越え世界を奔走する。 まじめか。 まじめなのか。…

大人をガンバル

お世話になっている知人のお父さんが亡くなられ、ご葬儀に行くことにした。 …って昨夜まではふつうに思っていただんだけど、 公の場に出るのはすっかりご無沙汰だったせいか、時間が迫って来るにつれ、 心臓がバクバクしてきた。 …お世話になったけどご葬儀…

せんでもいいこと(しなくていいこと)

とある昼下がり。 ヒマをもてあましたわたしは、手縫いでチクチク仕事をしていた。 白いシンプルなタオルのフチに、端切れをチクチク縫い付ける。 そんな作業をしながらふと、幼い頃のことを思い出した。 小さい頃のわたしは、とにかく好奇心旺盛な子供だっ…

「大丈夫です」

仕事で外国の方とお話をする機会がたまにあります。 カタコトの日本語の方や、見た目も話し方もまるで日本人!?って思うブラジルの方など。 私は身振りケーションで外国の方とコミュニケーションをとっているのですが、 何かの流れで「こういうのとかどうです…

「雑草」

雑草のように生きる…なんて言葉があるが雑草は本当に強い。 春のあたたかな日差しがちょっとでもやさしく降りそそぐと、「待ってました!!!」とばかりに、シュルシュルと背伸びする。 両手を広げるかのように葉っぱを広げ、「どうです?」とばかりに生き生き…

「気まぐれロボット」

小さいころ、星新一のショートショートに夢中になった。 うっすらとした記憶しかないが、おそらく小学校1年生くらいだったと思う。 父が読んでいた「気まぐれロボット」を盗み読んだのがはじまりだ。 字なんてひらがなしか読めないはずなのに、登場するN氏や…

「丸」

丸が好きだ。 ぐっさんが昔、テレビで四角フェチと話していたが、どちらかといえば私は丸派。 フェチではないが丸を目の前にしたときのほうが居心地がよい。 チワワのちくわ嬢は御年15才。チワワ特有のアップルヘッドではなく、小さいころからまんまるヘッド…

「あ」

おとめ座のA型というのはとにかく几帳面で神経質らしい。 なんだか器のちっちぇえ奴…って言われているような気がして、あんまりうれしくない。 でも何かをやろうとするときはだいたい「1」から始めるし、このブログも「あ」から始める段取りをつけていた。 …

カテゴリー

*管理人プロフィール*

品名…mielikki(ミエリッキ) 品種…ライター 産地…島根県 熟成度…円熟期 品質…天然物良好

Copyright ©mielikki All Rights Reserved.
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。