読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mielikkiのあたまんなか

毎日楽しく暮らしたいのぉ。。。そんなことばかり考えているmielikkiのあたまの中をチョロリとご覧ください♪

◎き◎

「気まぐれロボット」

小さいころ、星新一のショートショートに夢中になった。 うっすらとした記憶しかないが、おそらく小学校1年生くらいだったと思う。 父が読んでいた「気まぐれロボット」を盗み読んだのがはじまりだ。 字なんてひらがなしか読めないはずなのに、登場するN氏や…