読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mielikkiのあたまんなか

毎日楽しく暮らしたいのぉ。。。そんなことばかり考えているmielikkiのあたまの中をチョロリとご覧ください♪

「気まぐれロボット」

小さいころ、星新一ショートショートに夢中になった。

うっすらとした記憶しかないが、おそらく小学校1年生くらいだったと思う。

父が読んでいた「気まぐれロボット」を盗み読んだのがはじまりだ。

字なんてひらがなしか読めないはずなのに、登場するN氏やS氏の言動にわくわくした。

 

我が家は商売をやっていたから、家の大半は店になっており、小さなスペースで家族6人が生活をしていた。当然友達を呼べる場所はなく、外に出て遊ぶか友達の家に行くかそのどちらかしかない。

だから、星新一ショートショートは、いつも誰かが訪ねてくる所から始まるのが特に好きだった。

みんな働いているから、家に帰ってもだれも相手をしてくれない。

平凡でたいくつな私の日常に、ある日突然「ノックの音」がして、わけのわからない話を始めてくれないかなぁ、なんて。

 

7才の少女の頭の中には、N氏やS氏がいつでもそばにいてくれた。